入れ歯

咬む機能を取り戻すために

入れ歯治療で快適に咬めるように

病気や事故で歯を失ってしまった場合の治療として、入れ歯があります。入れ歯は大きく分けて総入れ歯(総義歯)と部分入れ歯(部分床義歯)があり、総入れ歯は上下すべての歯を失った方や上下どちらかの歯をすべて失った方に用いられ、部分入れ歯は一部の歯を失った方に適用されます。

市原市の歯医者「小泉歯科医院」では、先端技術と長年の経験と実績で培った高度な技術で、患者さんに合った入れ歯をお作りしています。

小泉歯科医院の総入れ歯へのこだわり

咬む機能を十分に発揮し快適に咬める総入れ歯を作るためには、左右対称の咬み合わせとなるようにすることが大切です。当院では、咬み合わせのことまで考えた快適に咬める総入れ歯をお作りしています。

良い咬み合わせの入れ歯を作製できるゴシックアーチ

当院では、左右対称の良い咬み合わせに整えた入れ歯を作製するために、ゴシックアーチを採用しています。ゴシックアーチとは、顎の前後左右の動き、動かし方を計測する方法で、正しい咬み合わせの位置を確認することができます。

インプラント治療と入れ歯治療